『相続・遺言』
・相続・遺言の手続きをサポートします。

 

【遺産を相続するための手続】
 まず亡くなられた方が遺言を残されていないかを確認します。遺言があれば、遺言に基づく遺産分割を行います。遺言がない場合は、戸籍などを調査して相続人を特定します。
 相続人の特定ができれば、民法に基づいた法定相続分の割合で相続するのか、相続人全員による遺産分割協議に基づく割合で相続するのか、相続人で決定します。法定相続分による相続の場合は、戸籍などの公的証明書類を添付して分割手続を行います。遺産分割による相続の場合は、戸籍などの公的証明書類のほかに遺産分割協議書が必要です。
 遺産の種類ごとに次の場所で手続を行って相続手続がが完了します。
  1.不動産 管轄の法務局へ
  2.自動車 国土交通省の全国の運輸支局へ
  3.預貯金 金融機関へ
  4.現金 相続人による分割

トップへ戻る